ブログ

WordPressでブログ開設するまでの完全手順 3/4

今回はブログの素材(HTMLや画像など)をパソコンとサーバーの間で移動できるツールを使えるようにしていきます。

WordPressでブログを書く上で、触る事はほぼありません。
主に素材のバックアップを取るために使います。

それでは、FileZilla公式HPからダウンロードしてください。

まずは「Download FileZilla Client」をクリック

「Show additional download options」をクリックした先で、
ご自身のパソコンにあったソフトをダウンロードしましょう。

Windowsの場合、「64bit版」「32bit版」が出てきます。
どちらをダウンロードするか調べるため、ご自身のパソコンのシステム情報をみてみます。
「Windowsボタン」を1回押して、そのまま「システム情報」と入力して、検索結果をクリック。

出てきた画面の「システムの種類」に記載されている数値をみてください。
私の場合は「x64ベースPC」で、つまり「64bit」となります。よって「FilleZZilla_3.39.0_win64-setup.exe」をダウンロードします。

ダウンロードが完了したらデスクトップにアイコンが出てきます。
ダブルクリックしてセットアップを始めましょう。

セキュリティのアラートが出たら「実行」をクリック

FileZillaをPCにインストールする

利用規約に同意する画面で「I Agree」をクリック

FileZillaをサーバーに接続しましょう

デスクトップか、スタートメニューの「FileZilla」のアイコンをクリック。
赤枠内の画像をクリックして「サイトマネージャー」を開きます。

前記事で、エックスサーバーをレンタルした時に届いたメールを開きます。
(件名:【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ…)

読み進めると以下の記載があります。

▼サーバーアカウント情報
サーバーID   :×××
サーバーパスワード:×××
プラン     :×10プラン
サーバー番号  :×××.xserver.jp
サーバー初期ドメイン:×××.xsrv.jp
サーバーパネル:https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

メールを開きながら、
サイトマネージャーに戻って設定を進めます。

1.新しいサイトをクリック
2.新しいサイトの名前を入力します
      (ブログ名でよいです。下記画像ではxserver)
3.「ホスト」には、メール記載のサーバー番号を入力
4.ユーザーには、サーバーIDを入力
5.パスワードには、サーバーパスワードを入力
6.接続をクリック

接続が完了したら、リモートサイト側にドメイン名のフォルダが出来ています。
このブログのドメインは「1up-labo.com」になりますので、バックアップを取るのは、このフォルダの中身になります。

以上で、FileZillaの利用準備は完了しました。

次はエックスサーバーにWordPressをインストールします。